ブログ

飯塚でブラジルを再現するため…

ブラジルのカイアポ産地原産のシモン芋を栽培するには、25〜30度の温度を保たなければいけません。

ということで、電熱線を走らせた苗床と、出ました灯油ストーブ!!
プラス、土にビニールを被せて更に土の中の温度をキープします。

「等間隔でビニールを丸く切って」と渡されたのは、全く切れないカッター。
切れ味ゼロです。てかこれカッターって名乗っていいの?ってほど切れない!!!


お父さん、これで最初頑張ってたの…icon_eek.gif!?!?


一つ目を終わらせないうちに、自宅にあったカミソリを持ち出すと、
す〜〜るする切れました♪

シモン芋のハウスの中

丸いのがお父さん作。四角いのは私。四角の方が断然楽なんだもん…




しかも、このハウスん中めちゃくちゃ暑い!!!!!

シモン芋のハウスの中

長時間作業してられません。
間違いなくガンガンたかれたストーブのおかげです。

でも外に出るとめっちゃ寒い!!! 温度差が激しいので、血管つまりそうです 汗
うちのお父さん大丈夫かしら…icon_rolleyes.gif

どれもこれもシモン芋の為!


にほんブログ村 酒ブログへ

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

トラックバックURL

ページトップへ