ブログ

TOEICで5点くらい上がるかもしれない方法

今日は朝起きたら外は一面真っ白!寒い、寒すぎます!!!

そんな日にTOEICなんて…TOEICを受ける日は大体いい事ないです。
今までも、もの凄い二日酔いだったり、前日朝までコースでそのままTOEIC会場に直行したりしていました。

だって毎回月末なんですもの!!!!笑


今日はお酒がらみではなかったんですが、寒いったらありゃしない!



ここで、TOEICで点数を若干上げるため、私が毎回実行している姑息なコツをお教えします。


TOEICって、時間がかなり限られているから難しいですよね。
最後まで問題を解くのも一苦労。
2時間で200問の問題を解くわけですから、時間を有効に使うことがかなり重要になってますよね。
そこで、貴重な時間を無駄にしないコツです!




ListeningのDirection は完全無視です!!!!




あれ、もう知ってるって方もいらっしゃる????笑
TOEICを受けたことがある方にとっては古い情報かもしれません。
実際私が昔英語を教えていたときは必ず生徒様に言っていました。


でも私の隣の若い学生の女の子がDirectionが流れている間何もせずにじっと聞いてたから気になってしまいまして…(>_<)ゞ



TOEICは問題の形式が突然変わることなんて無いので、問題の解き方は決まっています。
なので、TOEICを受けたことある方、もしくはTOEICの参考書などで勉強をされたことがある方はListeningの問題がどういうものなのかはわかっているはずです。


例えば、Part 1のDirectionが流れている約1分の間、私は流れているDirectionを完全無視して、Reading Sectionの文法問題を始めます。そろそろDirectionのアナウンスが終わるかな〜と思ったら、ListeningのPart 1の所に戻り、問題が流れるのを待ちます。

Part 2 のDirectionでも、私はReading の文法問題を解きます。

ただ、Part 3 では実際の問題を聞く前に問題用紙に載っている設問や選択肢に目を通しておきたいので、Directionには全く耳を傾けず(私は実際集中するために耳をふさいでしまいます)設問のポイントをおさえます。


そのくらいしないとなかなか全部はこなせません!!
こんな姑息な手を使いながら何度も受けているTOEICですが、毎回若い子の人数が増えていると感じます。やっぱりこれから英語力は必要不可欠の社会になっていくんでしょうか!?

私たち(茜酒販事業部)も、将来はシモン芋使用本格芋焼酎”飲っちょるな喜三郎”で海外進出狙ってますんで!!!
イギリスに輸出しようと頭の中で妄想中です。
まだまだ大分先の話ですけどね。まずは福岡の皆さんに知って頂かないと!




レベルチェックの為に受けたTOEICですが、点数が下がってないことだけを祈ります…(-_-)




にほんブログ村 酒ブログへ

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

トラックバックURL

ページトップへ