ブログ

「八日目の蝉」試写会に行きました♪



先日、「八日目の蝉」という映画の試写会のチケットを貰ったので、友達と行ってきました!






井上真央が主演を務める「八日目の蝉」の公開日が、2011年4月29日に決定した。角田光代の人気小説を成島出監督が映画化する同作で、井上は父親の不倫相手だった誘拐犯に育てられ、自らもまた不倫相手の子どもを妊娠してしまう難役に挑む。

井上は、永作博美扮する誘拐犯の希和子に育てられていた時代は薫、希和子の逮捕を経て本当の家族からは恵理菜と呼ばれるという役どころを演じる。これまで、映画やテレビドラマで見る者を幸せにしてくれる笑顔を弾けさせてきた井上だが、今作ではほとんど笑顔を見せない。

第 2回中央公論文芸賞を受賞した原作は、2つのパートに大別される。前半パートは、子どもを持てなかった希和子が奪った乳児に愛情を注ぎ、警察に逮捕されるまでの4年間。そして、数奇な運命を背負った恵理菜が複雑な内面を抱えながらも、真実の愛とは、母性とは何かを模索しながら成長する姿に軸を置くのが後半パートだ。映画では、井上扮する恵理菜のパートが軸となり、受け入れざるをえなかった迷いや葛藤(かっとう)を丹念に拾い上げる。

劇中のメイン写真は、ぼう然とした面持ちで涙を浮かべる井上の姿が映し出され、問題作ともいえる今作を象徴するカットといえる。さらに、幼少期の薫(恵理菜)が希和子と逃亡中に写真館で記念撮影をする姿や、恵理菜が不倫相手の岸田(劇団ひとり)と対じする姿、幼少期を過ごした宗教施設で仲の良かった幼なじみ・千草(小池栄子)と自らのルーツをたどる旅に出かける姿などが初公開された。

乳児のときに誘拐されたため、自らの運命を否応なしに受け入れざるをえなかった恵理菜。そんな屈折した内面を抱えた少女を演じることは、井上にとって新境地といえるだけに、永作や小池、劇団ひとり、風吹ジュンら豪華キャストとともに、どのような世界観の作品に仕上がるのかに大きな注目が集まる。
(映画.comより引用)










いんやぁそれにしても、よく泣いた!!!笑


女性って??幸せって??????と、考えさせらる映画でした。

永作博美さんと井上真央さんの演技が素晴らしかったし、個人的に、小池栄子さんの演技にブレがなくって、安定感があって、観ていてとても心地良いというか、とにかく彼女の女優としての才能に気づかされました。


シーン全てに手抜きがない感じで、どの画もため息が出るほどキレイで、どのカットも写真みたいでした。



映画の中で、とても重要な役割を果たしていた小豆島の場面は、特に今でも目に焼き付いています。

夏のあの湿った空気、夕方の匂い、子供達の遊ぶ声が、映画の中からあふれ出しそうでした。




っていうか小豆島行きたい。行きます。はい。




成島監督も、小豆島についてこう語っています。


小豆島では、希和子と薫(=恵理菜)が短い期間ながらも幸せな生活をおくっていたシーンを軸に、成長した恵理菜が再訪する場面などを撮影。成島監督は、「こんなに気持ち良く撮影させていただいたのは小豆島が初めてで、本当に幸せだった。この映画を見て、ひとりでも多くこの美しい島に訪れてもらい、恩返しがしたい」と感謝の気持ちを語った。

また、同島で6年前まで行われていた豊作祈願の祭り「中山の虫送り」のシーンは、島民の協力なしには成立しなかった。エキストラ出演は約200人にも及んだそうで、「小豆島の方々は安請けしないが、一度了承すると全力で協力してくれる。今の民主党や政治家にも見てほしい」とうながしていた。
(映画.comより引用)





邦画、いいですね〜〜〜〜

素晴らしい映画でした。






四国に行きたいです。







にほんブログ村 酒ブログへ

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

トラックバックURL

ページトップへ